チェスの世界では、ずいぶん前にコンピューターの方が人間よりも強くなってしまいました。

しかし、将棋は相手から取ったコマを使うことが出来るのでチェスよりも選択の幅が広くコンピューターが人間に勝つのは、まだまだ先のことと思われてきました。しかし、第2回将棋電王戦で人間がPCに負け越してしまったそうです。しかも、A級の棋士も混ざっての結果です。

 チェスや将棋の棋士は、頭の中に基盤を構築して過去の対局などのデータから瞬時に最適な差し手を判断できるそうです。その能力をPCが上回ってしまうとは・・・。チェスの結果から予想は出来ましたが、関係者には衝撃的な事だと思います。

このまま、PCの性能が上がると”人間VSPC”で人間が何手までがんばれるようになるかが実力の判定基準になったりして?
とりあえずは、次回のリベンジに期待です。

第2回将棋電王戦

 

 

 

 

 

 

 

 

個人指導シグマは、文京区白山豊島区大塚の学習塾です。