マインドマップを塾の指導に取り入れて気が付いたことがあります。

それは、書くのが目的になって生かし切れていない生徒が多いことです。

もう一つ言うと、初めのうちは作成に時間がかかりすぎることです。

マインドマップは、作成するのに時間がかかりますがそれを上回る効果があります。

体系的に理解できて記憶が残りやすいのです。

でも、ただ作っただけで完全に覚えるわけではありません。

復習は、やはり必要です。

試験前にあわててマインドマップを作って勉強しようとすると時間がかかってギブアップすることもあります。

ではどうすればいいのか?

毎日、家で復習ノートをマインドマップで作ればいいのです。

毎日やれば、学校もそんなには進みませんのでマインドマップの作成に時間もかかりません。

さらに、継ぎ足して作っていきますので、前回作った部分も当然目に入りますので復習にもなります。

もちろん、当日に学校でやった内容の復習にもなります。

”困難は分割せよ”

これなら、あなたもマインドマップを学習に使うことができるようになります。

小6マインドマップ歴史

 

 

 

 

 

 

 

 

個人指導シグマは、文京区白山豊島区大塚のTLI(ThinkBuzan公認インストラクター)のいる学習塾です。