昨日の風はすごかったですね。春一番なのでしょうか?3月にも入りこれから徐々に気温も上がってきます。それとともに新学年の準備も始まっています。

中学校に4月から入学する生徒さんは、特に期待と不安が混ざっているところだと思います。そんな中で塾選びもされていると思います。最近は、都立第一希望の生徒さんが多いのでそういう方にアドバイスを・・。

高校受験で理科社会が必要になるのは、ほとんどの都立高校と国立および開成です。この中で、国立と開成を考えている方は中1から理社の勉強をした方がいいと思います。問題のレベルが違います。学校の勉強で太刀打ちできるものではありません。それ以外の生徒さんは、そんなにあわてて理科社会は始めなくてもいいと思います。というのも都立の上位校は、主要3教科は独自問題で大変レベルが高くなっています。日比谷などの空間図形は、どの受験生も苦労していると思います。なので、しっかりとした準備が必要です。一方、理科社会は基本的に都立は共通問題です。ということは、問題が難しくないということです。それに高校受験レベルの理科社会なら、集中して勉強して伸ばすこともそんなに難しくありません。

中学校に入って部活を始めた当初は、体力的な問題で大変疲れて家に帰ってきます。そんな状況で理科社会を受けに塾に行っても効果のほどが?それよりは、主要教科をしっかりとやった方がいいと思います。もちろん定期テストとの関係もありますので、まったく勉強しなくってもいいと言っているわけではありません。自分で学習する習慣をつければいいのです。1学期だけ自分でやってみてダメだったら2学期から理科社会を始めても遅くはありません。そのころには、体力も少しついているでしょう。

個人指導シグマでは、理科社会はマインドマップで自分で学習する方法を指導しています。もちろん費用も発生しません。ちゃんとやると通常の学習法よりもはるかに効率的にできます。自主学習の習慣も付きますのでお勧めです。

マインドマップ(R)基本ルール

個人指導シグマは、文京区白山豊島区大塚のオーダーメイドの個別指導学習塾です。お気軽にお問い合わせください。