長いようで短かった夏休みも終わりです。

2学期が始まりますね。

2学期は、期間が長いので学習的には内容が豊富です。

それだけに学力差がつきやすくなっています。

1学期頑張った人もそうでない人も2学期はちゃんとやらないといけません。

「とにかく、2学期は頑張るつもり!」

とお考えの方は、まず9月をしっかりと過ごすことが大事です。

中高一貫の9月

夏休みの宿題は速やかに提出する

夏休みの宿題は全部終わりましたか?

「最初の授業の時に提出だからまだ大丈夫。」なんて言ってませんよね。

もしも、まだやり残しがある人は速やかにやり上げてしまいましょう。

やらなければいけないのは変わりません。

それを早くやるか、ぎりぎりになってやるかの違いだけです。

例年、9月第2週まで未提出の夏休みの宿題を抱えている生徒さんを見かけます。

こうなると普段の学習どころではなくなります。

頭の中は、宿題のことで一杯。

未完成のものがあると頭の中ではそれが気になってしょうがなくなります。

夏休みの宿題は、なるべく早く終わらせて早く頭を切り替えてください。

”2学期は頑張るぞ”と考えているあなたなら出来るはずです。

課題テストに備える

中高一貫校では、夏休み明けに課題テストが行われる学校が多いです。

皆さんの学校で夏休みの宿題の課題テストがあるのならば、試験対策を取るのは当たり前ですね。

試験対策をとることで夏休みにやった学習内容をもう一度思い出すことが出来ます。

さらに、最初のテストで結果を残すことが出来ると自信につながります。

課題テストが行われるのは、英語や数学などの主要教科がほとんどです。

面倒くさがらずに復習してみてください。

9月は行事が多い

9月は行事が多い月です。

学校よっては、学園祭と体育祭が両方あったりします。

行事が多いと気持ちがどうしても浮つく人が多くなります。

そうすると勉強の方は、おろそかになりがちです。

他の人が行事に目が向いているときに自分は学習をしっかり進めると差をつけることが出来ます。

もちろん学園祭の手伝いをやらないといけないかもしれません。

そのあたりも事前に頭に入れて計画を立てましょう。

ちょっとしたことですが、かなり違ってきます。

また、9月は行事のために学校の授業の進みが遅くなります。

そのためあまり勉強しなくとも焦ることがなくなります。

しかし、行事が終わると授業のペースが一気に加速されます。

このペースアップについていけない生徒さんが毎年沢山出るのです。

ペースアップするであろう学校の授業についていくためには、9月中の余裕がある時期に学習貯金を作ってしまえば良いのです。

簡単に言えば、予習ですね。

2週間とか1か月分先取りしておけば慌てることなど何もありません。

可能ならば、10月末ぐらいの中間テストの範囲までやっておきましょう。

1つだけ毎日やることを決めて実行する

習慣化

習慣化の力は、とても大きいです。

学習を習慣化できると意識しないでも勉強が進みます。

学習そのものでなくとも、毎日単語を10個暗記するのでもよいでしょう。

リスニングが苦手な人は、NHKの語学放送を毎日聞くのでもよいです。

とにかくなにか1つでいいから毎日やることを決めてそれを実行しましょう。

習慣化には、最低でも3週間必要です。

一度に復習のことを始めるのはNGです。

復習のことを一気に始めると大体挫折します。

1つのことを9月中ちゃんと続けられたら、10月はもう一つ増やしても良いです。

一つ一つ確実に習慣化することが大事なのです。

2学期から頑張りたい生徒さん募集中

個人指導シグマでは、中高一貫校に通っていて2学期から勉強に頑張りたい生徒さんを募集中です。

体系数学やニュー・トレジャーの補習も受け付けております。

自宅で勉強できない生徒さんは、自習スペースも使えます。

お気軽にお問合せください。

個人指導の問合せ

 

 

 

 

 

 

電話:03-5395-0949(平日午後3時~午後9時)