そろそろ学年末テストです。テスト対策は、進んでいますか?
個人指導シグマの生徒たちもそろそろ焦り始めたようです。特に、高校生になると内容が豊富になるので早く始めないと間に合わないようです。昨日、来た生徒に話を聞いたら生物問題集70ページ、英語ネクステ4章分+単語400個+文法問題集5章、日本史7章分などなどとんでもない量です。範囲が広ければいいって物でないですが、学校の先生が決めた物は変更が利かないので対応するしかないですね。

 国語の学習法で悩んでいる人が多いので、私のお気に入りの”NHKテストの花道”で紹介されていたやり方を。
・授業中の板書をノートするのはあたりまえ。
・授業中に先生が言ったこともノートする。
・特に繰り返し言っていたことは大切なので必ず復習する。
・分からない言葉は、辞書を引いて確認。
・授業の臨場感を再現できるノートを目指す。

 こんな感じでした。板書だけのノートは、みんなやっているので差がつかないです。そこから一歩踏み込んで先生が伝えたいことを的確につかむことが出来ると定期テストの点数はUPするはずです。テスト直前の時期は、「ここが大事だぞ。」とか、言ってくれる先生もいますのでそれは絶対に逃さないで下さい。いままで、さぼっていた人は点数のいい人のノートを見せてもらいましょう。何かヒントをつかめるかも。
復習する高校生

個人指導シグマは、文京区白山豊島区大塚の個別指導学習塾です。