個人指導シグマの河野です。私は、普段は数学中心で教えています。

塾を長くやっていると、成績が伸びる生徒とそうでない生徒の特長が見えてきました。

まずは、成績が伸びにくい生徒から

・宿題をやってこない。

・途中式を書かない。

・暗算を多用してそこでミスを多発させる。

・図やグラフを書かない。

・解法を暗記しようとする。

・テストの見直しをしない。

・学校の授業をちゃんと聞いていない。

こんなところでしょうか。答えがあっているかどうかにこだわって、プロセスを軽視するといざ自分で解くときに解けません。我々は、問題を解くための考え方を指導しているつもりなので、それをノートに再現してほしいところです。

一方、成績が伸びる生徒は、

・宿題はちゃんとやってくる

・疑問点を自分で把握して付箋を貼ってくる。

・解法だけでなくそこに至る考え方をメモしている。

・全然わからなくてもとりあえず図やグラフを書く。

・テストの直しや解けなかった問題のやり直しをする。

こんな生徒は、ちょっと教えただけですごく伸びます。

伸びない生徒の特長にあてはある方は、今のうちにやり方を変えましょう。行動を変えれば結果も変わります。

精説高校数学

個人指導シグマは、文京区白山豊島区大塚のオーダーメイドの個別指導学習塾です。