国語の先生やテストで中高一貫校ならではのユニークな先生がいます。

中高一貫校個別指導

先週、武蔵の生徒さんと授業をやっていた時の事

隣のブースの話が少し聞こえてきました。

「漢文の授業がむずかしすぎて・・・。おかしいよあれ。」

「そんなこと言っているのは君だけでないの?」

「違う違う。みんな言ってるよ。和服とか来て授業やってるし・・・」

それを聞いた武蔵の生徒さんが

「隣も武蔵?」

「違う。」

「え、うちの漢文教師も和服なんだけど。」

「え・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

偶然の一致にしては、おかしいので後日確認してみました。

ちょうど同じ学校の高校3年生の生徒さんがいたので

「漢文の先生で和服で授業やっている人って知ってる?」

「知ってる。去年習った。*****まろでしょ」

それを聞いた武蔵の生徒さんが

「やっぱりそうでしょ。*****マロ先生ですよね。」

ここで初めて同一人物であることが判明しました。

「あの先生、テストが超難しいから。去年習ったけど学年平均が30点台。」

「しょげー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「まずい、ちゃんとやらないと!」

私「武蔵の現国だと田山花袋だけやる先生とかいるでしょ?」

「うーんと、それは知らないけど去年の現国の先生は、三島由紀夫だけやりました。」

「え、三島由紀夫!!!!」

一緒に話していた東大大学院の先生もびっくり。

「三島由紀夫はないわー。せめて芥川でしょ。」

いやー、色々いますね。

灘の”銀の匙”の授業は有名でした。

深く掘り下げるような授業魅力的ですね。

普通の教科書に沿った授業もいいですが、こちらも受けてみたいところです。

ただ、担当する先生の力量が要求されます。

さて、どのくらいの学校でこんな授業が行われているのでしょうか?