「先生。僕、武蔵受かりましたよ。」

午後7時にその電話が来ました。

まさかの本命校合格です。

「城北もついでに合格しました。」

「3日は、受けるの?」

「もう受けません。」

ということで、この生徒さんの中学受験は無事に終わりました。

いやー、正直ホッとしました。

城北は、普通に受ければ大丈夫だと思っていました。

でも、武蔵は40~50%位の確率だと予想していました。

しかも1週間前に受けた試験の偏差値が最悪だったのです。

そんな状況ですので、ご本人にはあまりプレッシャーを与えずに試験に臨んでもらったのです。

この生徒さんの場合は、6年生の夏前からの指導でした。

家が台東区なので、普段はスカイプ授業でした。

パソコン本体

直前は、毎日のように教室に来ては勉強です。

ほかの塾は、途中でやめていて四谷のテストだけを受けている状態でした。

理科や社会は、ボロボロ。

というよりは、あまり勉強が進んでいなかったようです。

そこで理科や社会は、簡単なテキストを使って夏休み一杯は復習しました。

算数も穴が沢山ありました。

こちらは、標準レベルのテキストで一通りやりました。

夏である程度復習して弱点が見えてきました。

9月以降は、レベルをあげながら復習を継続です。

といってもスカイプでマンツーマン指導なので全部を教えることはできません。

宿題を出してやってもらい、そのうえで質問に答える形式でした。

秋も深まるころからは、過去問演習が本格化しました。

学校ごとに相性が良いところとそうでない所が出てきます。

受ける可能性が高い学校に関しては、解けないタイプの問題を集中的にやりました。

穴をつぶしていくうちにだんだんと出来るようにはなりましたが、成績の変動が大きく全く安心できません。

城北は過去問でも毎回合格最低点をクリアしています。

でも、武蔵は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな状況で迎えた本番でやってくれたのでした。

電話がかかってきたときに武蔵の高校1年生の生徒さんがちょうど授業を受けていました。

「後輩が出来たみたいだよ。」

と言うと

「よし。これで部員一人キープだ。」

そう、彼はある部活の主将をやることになったのです。

受験前にも少しアドバイスをしてもらっていました。

役に立ったかどうかは?????????????????

去年もスカイプ授業の生徒さんが巣鴨に合格しました。

ほかの塾の補習です。

中学受験生は、色々と忙しのでスカイプ授業はあっているのかもしれませんね。

個人指導の問合せ

電話;03-5395-0949