内部入試の生徒さんの結果が全員出ました。

幸いなことに全員合格です。

中高一貫校

立教池袋の生徒さんは、立教大学に決定

学部は、当初の予定と全く違っていました。

後で話を聞いてみると「本当は***学部が本命だったんだ。」とのこと。

大学進学自体は、去年の段階で決まっていましたがまさかの学部でした。

まあ、成績順に学校に行って学部を選ぶ方式なので不確定だったからかもしれません?

ただ校舎が池袋でなく新座というのが????

でも、本人が自分で決めたことなのでもうとやかく言いません。

自分で決めたことなら納得がいくでしょうから。

高校進学組は、二人です。

筑波大学付属高校と順天高校です。

筑波は、ご存知の方も多いと思いますが男女とも下位20パーセントは上に上がれません。

内申重視になったとは聞いてきますが、1月の試験で最終的に決まります。

内申重視なので番狂わせはほとんどないと思っていました。

うちの教室の生徒さんは、問題なく合格です。

でも、その友達で内申がかなりある生徒さんが落ちたとのことです。

ちゃんと対策を取っていたかどうかも不明です。

うちの教室の生徒さんは、学校の中間テストが終わるとすぐに1月の試験対策を始めました。

理科や社会は普段の試験が偏った傾向になることも多いので高校受験向きの教材で総復習でした。

本番の試験は数学以外はそんなに難しくなかったとのことでした。

これは歴代の筑波生の話と合致します。

内部入試が終わってのんびりかと思っていたら高校の教材を自分で買ってきました。

意識が大学受験に向いているのですね。

いいことです!

早速、高校の予習を始めております。

順天高校に内部進学を決めた生徒さんは当初は外部受験の予定でした。

自分の意志で外部受験というよりは、上に上がれない可能性が高かっただけです。

でも、2学期の成績が良かったので上に上がれることになったのです。

当初の予定とは違いますが、本人も納得ですので大変うまくいったうちに入ると思います。

最後の一人は、千代田区にある某中学に進学が決まりました。

そんなに落ちる試験ではありませんが、何人かは必ず落ちるとのことでした。

普段は算数などが中心ですが、1月の試験前は理科や社会の暗記系の科目中心で学習しました。

合格通知は郵送とのことで実際に報告を受けるまではなかなか落ち着かないものです。

進学が決定しても中学からの勉強が大変な学校です。

本人のやる気にもよりますが、1学期の内容ぐらいは予習しておいた方がいいと考えます。

最初から東大向けの塾に入る生徒さんも多いと聞きます。

でも、途中でやめる人も多いのが実際の所です。

以上の生徒さんたちの内部進学が決まりましたが受験はこれからが本番です。

受験生全員が受かってくれるといいのですがなかなか難しいところです。

あとちょっと体調を崩さずに頑張ってくれればと思っております。

 

中高一貫校や国立の内部進学の方はお気軽にお問い合わせください。

個人指導の問合せ

電話:03-5395-0949