初詣に行ってきました。

何処の神社かというと、毎年恒例の湯島天神です。

湯島天神3

合格祈願3大神社

学問の神様といえば菅原道真

ということから合格祈願といえば、菅原道真ゆかりの神社ということである程度決まっています。

東京で言えば湯島天神

大阪は北野天満宮

九州は大宰府天満宮

都内の方は、ほとんど湯島天神でしょう。

地下鉄本郷3丁目、御茶ノ水駅から各8分でいけます。

バスで行ける方は、バスの方が便利です。

湯島天神2014

合格祈願の意味

神社に合格祈願に行ったからといって合格するわけではありません。

一番大事なのは、自分の学力です。

では、何のために合格祈願に行くのか?

それは、精神的な面が大きいのではないでしょうか。

合格祈願に行かないで不合格になって後悔するよりもとりあえず行っておけば・・・。

「やることはやった」という気持ちの問題ですね。

実際に参拝すると分かりますが、皆さん熱心にお祈りしています。

特に親御さんが!

精神的に不安定になりがちな受験生は、取りあえずお参りに行って気持ちを落ち着けるというのもいいかもしれません。

湯島天神2

湯島天神の様子

例年はもう少し遅い時期に行くのですが、今年は正月3が日に行くことに・・・。

湯島天神の最寄り駅は、地下鉄丸ノ内線本郷3丁目か御茶ノ水駅です。

なぜか大江戸線の本郷3丁目駅から行くことになりました。

湯島天神に近づくにつれて人が多くなってきました。

本殿前は、行列が出来ています。

行列の最後尾を探すと湯島の坂の下まで続いていました。

警備の人に聞くと2時間はかかるとのことで、先に神田明神に行くことにしました。

というのも神田明神は、仕事始めの日からものすごく込み合うからです。

神田明神は40分ほどで終了。

これでも早い方だと思います。

神田明神には、アニメのお札が用意されていました。

{?????」

だったのでよく見ると「ラブライブ***」

よく知りませんが、人気があるみたいです。

 

夕方5時過ぎになってから湯島天神の列に並びました。

この時間で45分ということでした。(実際に45分でした)

参拝後はお札やお守りのコーナーに皆さん並びます。

御祈祷を希望の方は、また別の窓口で受け付けのようです。

御祈祷まで考えている方は、込み合う時間を避けた方が良いです。

今年は、外国人を多く見かけました。

湯島天神の由来が分かっているのかは不明です。

湯島天神のサイトにリンクを張っておきますのでこれから合格祈願に行く予定の方は確認してからお出かけください。

合格祈願の代行業者も色々いますがほとんど意味がないと思います。

そう言ったところに頼むぐらいなら近所の神社に行きましょう。

合格祈願だけで合格することはありません。