文京区の個人指導塾シグマです。

うちの教室は、中高一貫校や国立の生徒さんの比率が高いのが特徴です。

それ以外に、帰国子女の割合も増えてきつつあります。

帰国子女国別

帰国子女で一番多いのは、国でいうとアメリカです。

やはり日本との貿易が一番多いからでしょうか?

アメリカから帰ってきた生徒さんは、現地校組と日本人学校に行っていた人たちとで対応が変わります。

現地校に通っていた生徒さんたちは、国語が苦手な人が多いです。

当たり前と言えば当たり前かもしれません。

その逆に英語はほとんどネイティブの生徒さんが多いのも特徴の一つです。

現地校に通っていた生徒さんは、理かな呑科目も苦手なことが多いです。

これは、教科書が全く違うのでしょうがないところかもしれません。

帰国子女と単純に言っても英語圏だけとは限りません。

台湾とかもありました。

台湾から帰ってきた生徒さんは、漢文が得意でした。

でも、英語は苦手。

帰国子女と言う感じではありませんでした。

ヨーロッパもいました。

イギリスが多かったですがオランダやフランスも・・・。

それ以外の国では、サウジアラビアというのも有りました。

サウジアラビアからの帰国生は、英語が出来るので驚いたのを記憶しています。

最近多いのが東南アジアです。

東南アジアだと日本人学校に通っていた人が大多数でした。

帰国生の苦手な科目

英語の苦手な帰国子女もいるのです。

でも、帰国子女の生徒さんは、英語は大体できます。

といっても、個人差は大いにあるところです。

英語が得意な人は、帰国してすぐに英検1級とかを取っていたりします。

帰国子女の人ほとんどが困るのが日本語です。

言語ですので日常的に使わないと上手くならないので当たり前と言えば当たり前。

高校生になって習う古典なども苦労する教科です。

帰国生にとっては外国語なんでしょうね。

現地校に行っていた人は理科や数学も大変みたいです。

そもそも、教科書が全然違います。

しかも、授業が実験中心なので知識が足りません。

帰国してから補うには大変すぎますね。

事前に用意しておいた方が良いでしょう。

シグマで教えるときにも習っていない前提で授業をやらないといけないと思っています。

帰国生入試

帰国性入試は、一般受験よりは問題が簡単です。

何人かお手伝いいたしました。

基本的な計算や読解が出来れば通りやすいと思われます。

学校によっては、英語での試験も有ります。

大学入試をにらんで英語が出来る生徒さんを取りたいのでしょうね。

国語の読解は、急に出来るようにはなりません。

なので毎日日本語の文章を音読しながら語彙を増やすように心がけないといけないです。

日本に帰ったばかりの生徒さんたちには、帰国生入試と言えども大変みたいですね。

英語学習

個人指導シグマは、文京区にあるオーダーメイドの完全マンツーマン。

だから、個別に分からないところを聞くことが出来ます。

自分一人では勉強が進まない方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

スカイプでのレッスンも出来ます。

海外在住の生徒さんもお気軽のお問い合わせください。

 

TEL:03-5395-0949(平日3時~9時)

メールでも受け付けています。