学習塾で使うマインドマップ記述式の問題が苦手な人が多いです。

得意な人の方が少ないのではないでしょうか?

「どうか書いて良いのか分からない。」

「めんどくさい。」

なかには、「初めからパス。」なんて人もいます。

でも、記述問題の配点は大きいんです。だから、逃げてばかりはいられません。

記述式の問題も試験であるからには、出題者側に何か答えの大枠が有るはずです。そこをとらえて書くと点数になるはずです。記述式の問題が苦手な人ほど、一度自分が出題者になったつもりで問題を眺めて下さい。それから、模範解答を眺めると何か少し分かってくるはずです。

国語の問題は、解答は問題文のなかに有ります。それを読み、把握してまとめればいいのです。要は、出題者の意図をくみ取りそれに沿った答案作成を心がければ得点につながりやすくなります。

記述問題を実際に解くには、書く材料を用意しなければいけません。そのためには、本文を読む前に問題文に目を通しておいた方がよいでしょう。本文を読みながら、関連するキーワードなどにマークを付けます。そして、あとでそれらをまとめると意外と簡単に出来ます。もちろん、文章そのものが難解で読みこなせないとこの作業も困難になります。これは、読解力自体をUPしないといけないですね。

普通の人がいやがる物で、実は点数が取りやすい問題。こんな物が有ると他の人との差をつけやすくなります。

個人指導シグマは、あなたに合わせて記述問題の指導も出来ます。志望校の過去問の記述問題を負担に感じている方は、お気軽にお問い合わせ下さい。小論文などで、マインドマップを使って文章全体の構成を自分で作ることも出来ますよ。

個人指導シグマは、文京区白山と豊島区南大塚にあるオーダーメイドの個別指導学習塾です。
お問い合わせは、こちらへ

電話:03-5395-0949