中学受験生の皆さん

受験勉強お疲れさまでした。

第一志望校に合格した人もそうでない人も・・・・

でも、大切なのはどこの中学に進学するかではありません。

自分が進学した学校でしっかり勉強して自分の将来やりたいことに繋がる大学に進学することです。

大学受験で成功するには、スタートダッシュが大切なのは言うまでもありません。

もちろん都内には、難関大学受験用の塾が沢山ありものすごいスピードで先取り学習をしているのも知っています。

しかし、のんびりしている生徒さんも意外と多いと思います。

受験直後にのんびりするのはいいと思います。

しかし、いつまでものんびりしているわけにもいけません。

そろそろ中学の準備をしないといけませんね。

入学式シーズン

内容

1.入学後どうなりたい?

2.何をやるべきか

3.運動は大切

4.生活習慣は崩さないことが大事

5.遊びも・・・

1.入学後どうなりたい?

あなたは、中学校に入ったらどんな生徒になりたいですか?

「私は、部活を頑張る。」

「中学に入ったら優等生に」

「たのしく毎日を遅れればいいや」

「いままで我慢してきたゲーム三昧だ!」

希望にあふれている時期ですね。

どうせなら前向きに自分のイメージを膨らませませんか。

自分の能力に限界を設ける必要はありません。

人間の能力の差なんて大したことありません。

能力の差よりもやり抜く力の方が結果を大いに左右します。(GRITを読んでみてください。)

2.何をやるか

中学の準備といっても何をやればいいのか????

そんなに難しく考える必要はありません。

どんどん予習しましょう。

中学で初めに学習するところは簡単です。

だから、自分でどんどん先取り学習してしまいましょう。

英語

英語は、初めて学習する人が大半だと思います。

まずは、アルファベットを覚えることからです。

ちゃんと覚えたら教科書の予習をしましょう、

教科書をまだもらっていない人は、本屋さんで簡単そうな教材を購入してください。

購入したら解説をちゃんと読みながら進めてください。

その際、単純に先にどんどん進むのではなく1章ずつきちんと理解しながら進める方が良いです。

ちゃんと理解するには、解き直しなどで復習することが必要となります。

学習速度は落ちますが、学習効率は良いです。

学習しても何も頭に残らないのは、最悪ですからね。

数学

中学の数学は正負の計算から始まります。

初めはそんなに難しくありません。

でも、だんだんレベルが上がってきます。

少なくとも1学期の内容はざっと予習しておいた方が良いです。

使う教材は、ほとんどの中高一貫校で使っている体系数学でいいと思います。

学校が始まるまで教材が配布されないことが多いですが、その場合は市販の体系数学問題集で代用しましょう。

Amazonで購入することが可能です。

学校から春休みの宿題が出ることも多いです。

国語

国語は、受験勉強中にあまりできなかった読書をお勧めします。

読むことは基本です。

自分の興味がある分野で構いませんのでどんどん読みましょう。

入学までに5冊ぐらいは楽に読めるはずです。

余裕がある人は、ブルーバックなどのちょっと固い内容もお勧めです。

3.運動は大切

運動不足になっていませんか?

受験の時期は、籠って勉強していることが多かったので運動不足になりがちです。

受験が終わったこの時期から体を動かしてはいかがでしょうか?

近所を散歩するだけでも構いません。

自分の体に少し負荷をかけてみましょう。

中学校になって運動部に入る予定の人は、今のうちに体力をつけておかないと大変です。

中学1年生は体力がないので運動部に入ると疲れ果ててしまって、家に帰っても勉強するどころではなくなります。

散歩から初めてジョギングぐらいまでこなしておいた方が・・・

4.生活習慣は崩さないことが大事

受験が終わるとゲームを復活させる人がいます。

そういう人は、夜遅くまでゲームにのめりこむことがあります。

学校の授業があるうちは、朝起きる時間が決まっているのでそれほど問題にならないかもしれません。

でも、休みに入ると途端に起きる時間が遅くなる人が沢山出てきます。

生活リズムは、変えない方が良いです。

夜型になってしまうと、学校が始まってもなかなか戻らずに授業中に眠くなることになります。

起きる時間を一定にすることが良いです。

5.遊びも・・・

受験が終わったこの時期は遊んでもいいでしょう。

ずっと勉強し続けることは無理があります。

集中する時期と緩める時期のメリハリをつけた方が効率が良くなるのではないでしょうか?

受験勉強を頑張った自分へのご褒美の意味合いもあります。

ちゃんとやることをやった人は、少し自分を甘やかしてもいいのでは?