スーパーグローバル大学というものがあります。

文部科学省が、大学の国際競争力強化のために始めた制度です。

これには、二つのタイプがあります。

グローバル化牽引型とトップ型です。

グローバル化牽引型は、93大学が応募し24大学だけが認められました。

地域の国際化などが目的です。

一方、トップ型の方は、16大学が応募して13校が認められました。

こちらは、世界のトップ100を目指すとのことです。

国際的な評価を高める研究や教育を重視ということで、今後の展開が気になるところです。

補助金の絡みもあるので、各大学もある程度本気でやるかもしれません。

留学