「数学って社会に出たらいらないでしょ?」

よく生徒さんに言われる言葉です。

それも、数学の嫌いな生徒さんほど聞いてきます。

同意をすることは、ありません。

「高校までに学校で習うことは社会に出てから役に立つよ。」

と、答えています。

実際に役に立ちます。

ゆとり教育が終わって高校1年生の数学の教科書に分散や標準偏差さらに相関係数が入っています。

このあたりの内容って資格試験に直結します。

金融系の資格試験を最近見せてもらったのですが、ポートフォリオの組み方の中でこれらの知識が必要とされていました。

というよりも、高校生の内容が分かっていれば簡単に答えが出るようなものでした。

こんなことって結構あります。

自分が興味がない科目でも、ある程度までやっておくと将来自分の役に立つことが多いのです。

数学が嫌いだから逃げたい気持ちは分かりますが、将来困りますよ。

オーダーメイドの個人指導シグマ 詳しくはこちら
中高一貫校