ただいま連休まっただ中。

ここぞとばかり、本を読んでいます。

記憶や心理の本が中心です。

読んだ本の中に、”ポジティブ・イリュージョン”という言葉が出てきました。

・「私は、すばらしい人間だ。」という、過剰な自己評価。

・「私なら上手くやれる」という、自分は物ごとを支配できるという認知。

・「私の未来は明るい」という、楽観性。

以上の3つの要素で成り立つ「自分に対する肯定的な思いこみ」がポジティブ・イリュージョンです。

これを身に付けると、仕事の生産性と創造性がUPするそうです。

この説を唱えているのが、カルフォルニア大学のシェリー・タイラー教授。

自分をもっと好きになり、肯定的に自分をとらえ、自分の評価を高めて行けばよいということです。

自分の良い面をノートに書いてみると、ちょっと自信が出てきたりするかも。

ポジティブ・イリュージョン

 

 

 

 

 

 

 

 

個人指導シグマは、文京区白山豊島区大塚の学習塾です。