「だって、ガッコの先生がない言っているのか分からないから。」

「「きょうは、部活で忙しくって・・・・・・・・。」

シグマの教室には、言訳をさせるとプロの生徒さんが勢ぞろいです。

でも、そんなこと言って何か変わりますか?

一時的に相手を納得させても、自分は納得してますか?

出来ない理由を言い出したらきりが有りません。

そうでなく、「どうやったら出来るのか考えてみませんか?」

キチンと考えると出来ないことって少ないです。

「やろう。」という気持ちが有れば、何か考え付くのが普通です。

作業量の多いものは、切り分けて扱いやすい単位にする。

続けにくい物は、何か習慣化しているものにくっつけて自然とやれるようにする。

覚えられないものは、何回も反復して覚える。(イメージを使えると楽です。)

スピードが遅いものは時間を測って徐々に早くする。

などなど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「どうやったら出来るのだろうか。」

まずは、こう考えるようにしてください。

そうすれば、何にもならない愚痴は確実に減ります。

そして、結果に結びつきやすくなります。

言訳

個人指導シグマは、只今、新学期生募集中です。

お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-5395-0949(平日3時~9時)