「脳の無駄遣いにかけるお金はない」

これは、フィンランドでよく言われていることです。

フィンランドは、PISAのテストで世界ランキングの上位にいる国です。

ランキングの上位でありながら学校での学習時間は、アメリカよりも年間で300時間も短くなっています。

フィンランド人が元々頭がよいのかというとそうでもないです。

フィンランドの高齢者は、PISAテストでは、そんなに上位にいませんでした。

新しい教育システムが始まってからPISAランキング上位の常連となったみたいです。

「学校では人生の意味を教えるべきだ。」

という方針なので、家庭科や図工の時間が多くなっているのも特徴の一つです。

皆さん、 ”脳の無駄遣い”してませんか?

目標設定から継続学習への学習指導は、こちら

個別指導