中学校では、不登校の生徒さんってかなりいるそうです。

もちろん小学校や高校でも一定数います。

でも、割合としては中学生が一番多いみたいです。

高校生は、ある程度まで行かなくなると退学してしまうので単純には比較できないかもしれません。

行かなくなる原因の一番は、無気力。

やる気がないみたいです。

こういう生徒さんには、やる気スウィッチがどこにあるのか分かれば、すぐ解決ですがどこにあるかは全く見えないみたいです。

シグマの教室でも、個人指導という性格上不登校の生徒さんも在籍していたことがあります。

表面上は、普通でも傷つきやすいのでなかなか難しいです。

不登校初期の場合は、頑張って学校に行けば何とか復帰可能なケースもあります。

でも、不登校の期間が長くなると学校へは行きづらくなるようです。

こういう生徒さんたちですが、学校には行かないけどシグマの授業には来る人もいます。

なんでなんでしょうね?

まあ、学力面のサポートは出来ますので興味がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

やる気スイッチ