11月は、大学の学園祭のシーズンです。

webでちょっと調べればいっぱい出てきます。

大学受験がある生徒さんには、高校1・2年の余裕がある時期に学校見学に行くように言っています。

それには幾つか目的があるのですが…

UCLA

アクセス

大学もパンフレットやHPで見るだけと実際に言ってみるのでは受け止め方が大いに変わってきます。

実際に行ってみることで、家からどのくらい時間がかかるのか分かります。

通いきれない距離にある学校も多々ありますから。

駅から距離がある大学などはバスを使うことになりますが、運行間隔や最終時刻などを調べてみましょう。

通いきれないと思ったら下宿の検討ですね。

学生かに行けば近隣の部屋の紹介もしていたりします。

そこで賃料の相場も分かります。

東洋大学京北中学高等学校説明会

学園祭に行ったら人を見ましょう。

ここでいう人は、その学校の学生、先生、受験生のことです。

オープンキャンパスなどでは、学生さんも構えているので実際の姿が見えないことがあります。

学園祭だとその学校の学生さんの実際の姿が見られます。

がっかりすることももちろんあります。

学園祭の期間中は、学生さんと話もしやすいと思います。

自分が抱えている疑問をぶつけてみましょう。

色んな答えが返ってくると思います。

学校の先生とも話してみましょう。

自分が興味がある学部のパンフレットを見ましょう。

そうするとゼミ単位でブースを出していることがあります。

上手く行けばゼミの先生もいたりして?

先生がいなくとも、その分野の質問はゼミ生にぶつけられます。

理系の場合は、ゼミの話をちゃんと聞いておかないと・・・・

 

設備

大学の設備は、一通り見学しましょう。

まずは、教室。

教室に関しては、学園祭のパンフレットを片手に一回りすれば大体分かります。

ただ、図書館などは学園祭とは関係がないので開いてないかもしれません。

部外者立ち入り禁止になっていることも有ります。

それでも、見学できないか確認して可能ならば見学しておきましょう。

席数や利用可能時間のチェックもお忘れなく。

体育館は、余り皆さん興味がないと思います。

でも、体育系の学科に進学予定の方は見るべきですね。

プールやジムも体育系の方には必須ですね。

進路

大学には、学生かというところが有ります。

時間があるならば、ちょっと覗いてみましょう。

学生課の就職部には色々な企業からの求人票が来ています。

掲示板に張り出していることが多いのでチェックしましょう。

全く知らない企業ばかりだったり。

所謂、ブラック企業が沢山出てたり??

モチベーション

「この大学の学生になりたい。」

こんな気持ちになるといいですね。

受験が身近に感じられてモチベーションも上がります。

実は学園祭に行ってもらいたい一番の理由がこれなのです。

大学見学に行って気に入った大学が見つかった生徒さんは、やる気モードになります。

そうなればそれを維持すればいいだけです。

やる気モードにならない人が多いからこそ勧めているのです。

自分の目標を見つけて早く自分の足で走り出しましょう!

それこそが、受験で成功する近道です。