最近出た本で、外資系のコンサルや東大生はかなりの割合で方眼ノートを使っているとか書いている本があります。

「ふーん。」と思って、試しに教室の東大生の先生たちに聞いてみました。

「方眼ノート使っている人いる?」

「えーと。いるにはいますがそんなに多くはないですね。」

あれーです。

本を書いた人の周りがたまたまそんな人が多かったのか、うちの教室の東大生の周りがたまたま使っていないのか????

まあ、どちらでもいいです。

こんなことは、良くあることなので別に気にしません。

方眼ノートに関しては、自分が使いやすいと思えば使えばいいだけです。

ほかにお気に入りの物があるならばそれでいいと思います。

誰かが使っているから自分も使う必要はまったくないです。

ということで、私はお気に入りの無印の白紙のノートを使い続けます。

家庭学習ノート

個人指導シグマでは例年通り冬期講習を行います。

外部の方も受講できます。

お気軽にお問い合わせください。

冬期講習のお問い合わせはこちら