日曜日から記憶術のトレーニングを実験で行っています。実験台は、もちろん私です。

本を読んで毎日30分ぐらい練習していました。昨日になって本格的にテクニックを使ってみました。使ったのは、ローマン・ルーム法です。これは、自宅の部屋などなじみの深い場所に番号を振っていってそこに記憶したいものをおいていく方法です。昨日、私が頭の中で構築した部屋は自宅のリビング。入って左隅から①パソコン②ステレオ③・・・・・・・・⑩テーブルというように実際にあるものに番号を振りました。そこに、覚えたいものをイメージ化しておくのです。

昨日は、とりあえずトランプを使って実験しました。10枚のカードをランダムに選んで机の上に並べます。それを順番に覚えていくのですが、例えばスペードの5などは、”すっぱいものを食べたゴリラ”などのようにイメージ化して書く場所に配置します。この方法で5分かかりましたが全部記憶できました。もちろん逆周りや任意の番号も全部OKでした。

まだまだ、イメージを作るのに時間がかかりますが慣れれば大丈夫だと思います。この要領で同じような部屋を6つ作るとトランプのすべてのカードを覚えることが出来ます。ちなみに、世界記録は27秒ぐらいです。

この技術を応用すると、順番が関係する暗記はほとんど使えます。元素義号などは、簡単です。部屋を改造して10個以上のものを入れられるようにすると、化学の有機や無機の表を頭の中に作ることが出来ます。他にも、テクニックがつけば色々なことが出来ると思います。ローマン・ルーム法は、塾生のなかで希望する生徒に教えたいと思います。私が出来たのだから、多分誰でも出来ると思います。

最後に注意ですが、この暗記法は絶対では有りません。社会などでも論文形式の出題のものは、関連性を理解していないと答案を作成できません。あくまでも、バックアップ用のテクニックだと考えてください。

今日は、3番目の部屋まで作って30個まで覚えることができるようになりました。

 

文京区白山と豊島区大塚の個別指導学習塾で使えるか速効記憶術

文京区白山豊島区大塚の個別指導学習塾の記憶術トレーニングでした。