ちょっと前のことです。

教室の生徒さんに面白い覚え方を教わりました。

それは、按会で覚える方法!

ドレミファ・・・・・のおなじみの音階です。

それを歌のようにして覚えるやり方を実践してみたそうです。

覚える物がちょっとだけやりにくいものだったので二つの要素に分離して一方の要素だけを音階で覚えたそうです。

ちなみに、この生徒さんは絶対音階があるそうです。

でも、さすがに音が色になったりするようなことはないとのこと。

音程で覚えたものは、最後の段階でほかのやり方で覚えたもう一つの要素と合体させて再現したとのことです。

ちょっと考えるとこのやり方だと、一つでもミスするとそのあとが全部だめになるような気がします。

実際に覚えられれば別にかまわないのですが、考えもしなかったやり方です。

自分に合ったやり方で覚えることが、暗記の近道ではないかと思うこのごろです。

スマホ用暗記アプリ