第2回将棋電王戦今日は、教室に来る前に豊島区中央図書館に寄ってきました。豊島区中央図書館は、東池袋の駅のすぐそば。ビルの4・5階にあります。10時の開館直後に入ったので一般の閲覧席は空きがありました。でも、自習用の窓際の席はすでに一杯です。雑誌を読んでいるうちに、一般用の席もすべて埋まってしまいました。時間にして5分ぐらいでしょうか。

夏休みの図書館は、勉強にはもってこいです。でも、席取りが熾烈です。朝一番に行かないと席を確保できないことが多いです。席にあぶれると、マックに行って固い椅子で勉強したり、ひたすら図書館で席が空くのを待つかになります。こんな図書館席取り戦争でも知っていると簡単に席が取れることもあります。

1.穴場の図書館を狙う
きれいな所や駅から近いところにある図書館は競争が激しくなります。それならばちょっと古く駅から遠いところにある図書館を狙いましょう。意外と空いていたりします。事前に、自習が可能かどうかは必ず確かめてください。
2.時間制のところを狙う
池袋中央図書館などは、時間制で入れ替えがあります。朝一番がだめなら午後の申し込みを早くしましょう。それで席が確保できたりします。
3.人の入れ替わる時間を狙う
入れ替え制でない図書館でも、お昼時などには空きが出ることがあります。観察していると空きの出やすい時間が分かりますのでその時間を狙いましょう。
4.公共の施設をあたる
図書館でなくても夏休みの時期だけ自習室に開放している公共の施設があります。近所の公共施設の掲示板に注目。

以上のように、夏休みの図書館席取り戦争にも戦い方があります。ご自分が勉強できる場所をしっかり確保して勉強してください。個人指導シグマ千石教室では、夏休みの(お盆休みを除く)平日10時から空き教室を自習用に開放しています。内部生と夏期講習受講生は自由に利用できます。

 

個人指導シグマでは、夏期講習生を募集しています。外部の方も参加できます。個人指導だと時間数が足りないとおっしゃる方もいますが、大人数の授業で長時間塾に缶詰になっても集中して勉強できている時間はわずかです。夏休みは、自分の苦手分野を克服するのに絶好の時期です。個人指導シグマでは、オーダーメイドで授業を組むことが出来ますので、個々の生徒さんにピッタリの授業を作ることが可能です。そして、夏に苦手分野を克服できれば秋以降にジャンプアップする事が可能となるのです。例年、この夏期講習をきっかけとして2学期以降に成績を上げた方がたくさんいます。オーダーメイドの夏期講習をこの機会にご検討ください。詳しくは、下の写真を押してください。

 

 

お問い合わせは、こちらへ

電話:03-5395-0949

千石教室 文京区白山5-19-10