苦手な科目がないという人はほとんどいないと思います。

「数学は得意だけど国語は苦手。」

「英語は、好きなんだけど、数学は教科書を見るだけでもうダメ。」

人それぞれですが、得意な科目と苦手な科目があるのが当たり前です。

受験科目として文系でも理系でも必要な英語が苦手だと致命的です。

さらに今後は、英語の重要性が増すことも予想されます。

そこで英語が苦手な人の苦手克服法について。

文法

英文法入門教材

英文法が苦手な人って非常に多いです。

特に高校1・2年生に多くいます。

男子に多いのも特徴の一つです。

学校では、”forest英文法”などの参考書と問題集を使っていることがほとんど。

定期試験の範囲に指定されることも多いです。

なのに、英文法が苦手と言うのは、普段の勉強が足りてないということです。

定期テストごとの範囲をきちんと仕上げていけば、ある程度のレベルまでは行くはずです。

もちろん、受験レベルの客観問題はちゃんとやらないと正解できません。

そうではなく基礎としての文法の力は普段やっていればある程度何とかなります。

と言っても普段ちゃんとやらずに、受験勉強が始まってから慌てて英文法の勉強を始める人や、いきなり長文問題を解こうとして文法の知識が必要なことに気が付いて始める人もいます。

高校2年生までは、学校の定期テストのたびにちゃんとやればよいです。

受験生は、復習が必要です。

今まで使っていた参考書が良いと思います。

一度目はざっとやって2度目から理解しながら問題演習で確認するのはどうでしょうか?

ある程度理解している方なら長文問題をこなしながら文の構造を分解していくやり方はどうでしょう?

複雑な文章の構文を理解するには良いやり方です。

「英文法は、めんどくさい。」という方は、どうしても後回しになりがちなので英文法の勉強を最優先で日々の学習計画に組み込みましょう。

長文

英語の長文問題は受験では大体出題されます。

それに対する配点も大きいですね。

長文問題が苦手と言う人の症状としては

・読んでるうちにだんだん分からなくなる。

・時間内に読みこなせない。

・大体分かるけど選択問題で良く間違える。

などでしょうか?

長文問題をちゃんと解くにあたってはいくつか必要なものがあります。

語彙力と英文法の知識、さらに速読力です。

語彙力

単語の暗記

語彙力と言っても全部の単語を知っている必要はありません。

幾つか知らない物があっても文脈から類推すれば問題ありません。

でも、キーワードを知らないとどうしようも有りません。

誰もが知っているような単語の意味を知らないといけないのはもちろんです。

語彙力をつけるために単語集を使って勉強する方がほとんどです。

それはそれで正解です。

ただし、そのやり方だと基本単語で覚えていない物が出る可能性があります。

これを避けるためには、長文問題を解くたびに自分が知らない単語のリストを作っていけばいいと思います。

そうすると自分専用の単語集の出来上がりです。

単語力はすぐにつくことはありません。

と言うことは、毎日一定数を覚えていくやり方が良いということです。

初めは、毎日10個位から。

慣れたら毎日40個位覚えていきましょう。

早く取り組んだ方が断然有利です。

英文法

長文読解に必要な英文法の知識はそんなに細かくなくっても大丈夫です。

必要最小限をざっと勉強しましょう。

速読力

英文の速読は、時間を測って解くことをお勧めします。

辞書を引かないのはもちろんです。

やっているうちにだんだんと慣れると思います。

ある程度数をこなしていくうちにスピードもあがります。

読んでいるときに英文にマークをしていくと後で設問を解くときに楽になります。

マークする記号を自分なりに決めればさらに効果的です。

英作文

英作文が苦手な人って多いですね。

日本語そのままに訳そうとして難しい英単語を使ったりしていませんか?

難しい単語を使ってスペルミスをするくらいなら中学生レベルの単語をきちんと書いた方が良いです。

学校によっても採点基準が違いますが、減点主義の学校ではミスしないことが重要なのです。

構文の知識は必要です。

これは、基本例文の暗記が有効です。

駿台文庫の基本英文700選などいろいろ出ているので自分に合ったものを一冊仕上げましょう。

リスニング

ヘッドセット

リスニング対策は、英文を聞くことです。

別にリスニング教材を買わなくとも,NHKのラジオ講座で十分です。

なるべく毎日聞くことでだんだんと英文が聞き取りやすくなります。

英語は語学なので毎日勉強することが大切です。

特に英語が苦手な人は、興味がある分野の本を英語で読んでみてはいかがでしょうか?

映画でも構いません。

苦手克服は、とにかく学習量を増やすことです。

それには、計画作成時に英語を優先することが大切です。