家庭学習の見える化

 学力を伸ばすには、塾だけで勉強してもだめです。なんと言っても、家庭学習が大切です。でも、子供が黙っていても自分から勉強することは、ほとんどないのではないでしょうか?毎日やることを決めて「これやっと来なさいよ。」と言っても、やってるかどうかさえ分かりません。「今日の勉強は終わったの?」と聞くと、「うん、終わった。」と言う返事を半信半疑で聞いていて、そのうちに全然やっていないことが分かったする事ってありませんか?あとは、おきまりの大噴火ですね。
 「今日勉強した?」なんて言うのは、言う方も言われる方もあまりいい感じではありません。なるべく言わずに済めばそれが一番です。そんなときに役に立つのが見える化です。いくつか方法があります。きょうは、そのうちの一つを紹介します。
 用意するのは、大きいカレンダーと小さい付箋だけです。
1.事前に子供と話をしてやるべきことを決めておく。
2.その日やることは生徒自身に決めて貰って付箋に記入してカレンダーに貼る。
3.ちゃんとやったら、はがして他のカレンダーに張り付ける。
以上です。
 ”見られている”という、感覚が”やらなくては”という気持ちを後押しします。家庭学習の習慣をつける第一歩にどうでしょう。塾だけでなく、家で毎日自分から勉強するようになれば学力が伸びる可能性は当然高くなります。