シグマでは、設定するゴールによって使用する教材も変えるべきだと思っています。

たとえば、論文やようやく形式の出題をする国立上位校を目標をした場合に、センター試験用の教材を使っても意味がありません。

試験で要求されることが違うからです。

記述式の問題に対応できる教材を早い段階で使い始めないといけません。

もっとも、基礎を作る段階では共通の教材でも良しとしています。

基礎の部分は、どちらにしても必要です。

困るのは、記述式の学校とそうでない学校を両方受ける時。

記述中心でやっていれば、ある程度までは問題ないですが、早稲田の社会のように本当に細かいところを聞いてくる場合はそれなりに用意しておかないと無理です。

と言っても、目標校を決めないとなんにも決められないですね。

オーダーメイドの学習指導は、こちら
基礎英文法問題精講