パソコンやスマホのアプリで学ぶことのできる教材がたくさん出てきています。

塾用だと、もっと実践的な教材も有ります。

立体図形などは、こういう教材を使った方が理解が進みます。

また、 単純に記憶するだけの物は、こういう教材に復習サイクルを組み込んだものであれば効果が上がります。

要は、使えるものは使う。

そうでないものは、使わないことです。

すべての授業をこういった教材で賄えるとは思っていません。

特に記述式の問題に関しては、あまり対応できていないような気がします。

良くできていると言っても、全部これで賄おうとは考えない。

そのうち、もっと使える教材が増えることでしょう。

英才教育