今日は、朝から雪です。

出勤途中に通過する池袋の町でも足元を気をつけながら歩く人が沢山いました。

そんな中、スーツケースを引きずる集団がいました。

皆さんかなり着込んでいますが寒そうです。

言葉は、中国語か?

どうも中国本土ではなく台湾の人の様でした。

そういえば、日本に来る外国人が増えていて中でも台湾の人が多いということを読んだことが有ります。

2位は、中国その次は韓国とか。

どうりで、ドンキホーテの前を通ると中国語が聞こえてくるはずです。

国際化と言えば英語を思い浮かべますが、アジア圏の言語も必要になるのでしょうか?

少なくとも、観光客相手のお仕事についている人は需要が有りますね。

2020年の東京オリンピックに向けてどれだけ国際化が進むか?

楽しみでもあります。

国際バカロレア