今週のことです。

1人の生徒さんが、職業適性検査の結果を持ってきました。

「聞いてくださいよ。適性テストやったんだけど、何に向いているか分かります?」

そんなこと言われても、分かるわけないので結果を聞きました。

「なんと、看護士でした。それで、一番適性がないのがパイロット。」

「そうか、人の命を預かるからね、パイロットは。」

「ん、看護士さんも人の命を預かるのでは???」

そうなんです、同じ人の命を預かる職業なのに一方は適正有。

もう一方は、適正なし。

パイロットの方が瞬時の判断が必要なのでそうなったのか?

謎は、解けません。

こういった、テストはどういう理論をベースにしているのか知りませんが、あくまで参考ということでいいと思います。

自分の本当にやりたいことで、ご飯が食べられればいいと思います。

結果は、気にしない気にしない。

オーダーメイドの学習指導は、こちら

進路