中学3年生は、これから受験の本番に突入します。

学校の方も実際の入試で一番出やすい分野の学習をすることに。

例えば、数学では2次関数。

図形と並んで関数は、私立高校の受験ではよく出る分野です。

学校レベルの問題は、練習すればだれでも解けます。

ちょっと困るのが図形的な考え方を入れないと計算が追い付かないようなタイプです。

その代表格が、2次関数の応用で面積問題です。

動点の処理を変数でおくだけでなく等積変換で考えないと計算だけでは追いつかないです。

知っていれば何とかなる問題が、実際の私立校入試では結構出ます。

でも、公立の中学ではあまりやってないこともあるんですね。

全く知らない解法でも、自分の手を動かしながら考えるとだんだんわかって来ます。

焦らずにきちんと理解するのが理系科目では必要です。

幾何