今更ながらですが、来年度の高校3年生より数Cがなくなります。

ゆとり教育からの転換に伴ってのことです。

数Cに入っていた行列が消滅し、複素平面が復活します。

解の公式など高1の内容だったものが、中3の教科書に移動しています。

数Cの統計的な分野は、高1高2の教科書に移動しています。

昨年の高1の生徒を見ていて数学でいいなと思ったのは、統計的な分野と整数の分野が教科書に載っていたことです。

特に、整数の分野は今までは教科書に載っていなかったので現役の高校生は、知識がほとんどありませんでした。中高一貫校で独自の数学教材を使っている学校では、当然のよう合同式まで入っていました。一部の大学では、頻出の分野でしたので初めからハンディーがあったようなものです。まあ、これが必要になるのは一番上の方の学校だけですが。

理科の教科書も、厚くなって生徒さんは大変かもしれません。でも、高校までに学習したことは、その後何を勉強するにしても役に立つことが多いのです。頑張って、学習してください。

勉強したくなる本

 

 

 

 

 

 

 

 

個人指導シグマは、オーダーメイドの個別指導学習塾です。教室は、文京区白山と豊島区南大塚です。