「大学は行ったら、絶対に留学するんだ。」

「へー、何しに行くの?」

「えーーと、それは????」

海外に留学したい生徒さんが一定数います。

その逆で、「絶対に海外は行きたくない。日本が一番楽。」と言う人も。

人それぞれですが、高校生でも夏休みなどに2週間から1か月ぐらいの短期留学をする人は多いです。

個人で手配する人もいますが、学校が紹介してくれる業者さんを利用する人の方が多いかと思います。

短期だと、実際に英語が喋れるようにはなりません。

でも、自分の英語がいかに通用しないかは分かります。

そこから、「もっと英語の勉強をしなくては!」となれば・・・・・。

一方、本格的に海外の大学に行く場合を調べてみました。

最近の大学で国際○△と言う名前になっている学部は、1年間の留学がカリキュラムに入っていることが多いです。

早稲田もそうですね。

学費はまちまちですが日本の大学よりもはるかに高額なケースがほとんどです。

アメリカのUCLAだと、約3万4千ドル

カナダは、それよりも少し安いです。

イギリスもアメリカよりは少し安いぐらいかも?

為替レートによって変わりますが、日本の大学よりも高いのは確かです。

実際に留学するときは、これ以外に生活費が掛かります。

これだけ費用が掛かるのですから、行くからには何か得る物がないといけないのではないでしょうか?

現地で日本人だけでつるんでも英語力は上達しません。

海外に留学していました。

でも、英語はしゃべれません。

悲しすぎますね。

個人指導シグマの生徒さんは、夏休みに短期留学に行く人が多いです。

高校生でも留学コースの人は、1年間カナダに行っていました。

本格的に大学からアメリカに行った人も中にはいます。

でも、それは奨学金をもらって自己負担なしで行きました。

その資格が得られるのは、日本で一人だけだったそうです。

でも、探せば色々あります。

本気で海外に行きたい人は、自分からリサーチしましょう。

他人任せの人は、行っても・・・・・・・・・・・・・・・・。

UCLA

個人指導シグマは、中高一貫校や国立生の多い学習塾です。

只今、新学期生募集中。

学校帰りの方もどうぞ。

お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-5395-0949(平日3時~9時)