ザ・マインドマップ
TLI渡口昇 作

マインドマップは、イギリスのトニー・ブザンによって開発されました。よく、”脳のスイスアーミーナイフ”と呼ばれています。トニー・ブザンは、”Use Your Head”や”マインドリセット”シリーズなどの著書で世界的なベストセラー作家になっており、著書は30カ国語に翻訳され100以上の国々で出版されています。

テレビでも”Use Your Head”シリーズ(BBC)”Open Mind”シリーズ(ITV)などの多くの番組で司会、共同製作を行っています。ビジネスの現場でマインドマップを使う方法を紹介している”マインドパワー”は賞を取っています。

また、BP,IBM、DEC、ディズニー,GMなどの企業やイギリス、シンガポール、メキシコ、クウェートなどの国々の教育構想に参加している。

さらに、”記憶力世界選手権”と”世界速読選手権”を創設。世界最高の創造的IQの保持者でもあります。

教育の分野では、1995年にBBCで放映されたドキュメンタリー番組の中で、教師にも見放された小学校の生徒たちをマインドマップを教えながら、わずか半年で”学ぶことの喜び”を持たせること成功しています。

トニー・ブザンと握手

 

何故マインドマップが有効なのか

脳は、”放射思考”で考えます。放射思考とは、イメージやキーワードを引き金にして多方向に考えを瞬時に広げていくことです。心臓をイメージしていただくと分かりやすくなります。血管は、心臓を中心にして外側へと放射状に伸びています。脳に、備わった放射状の思考を紙の上で再現出来るようにしたのがマインドマップなのです。脳の自然な働きに近い形で情報を記録できれば、脳は記憶を効率よく引き出すことが出来るのです。

リンゴという言葉を聞いて何をイメージしますか?色、形、におい・・・・色々なイメージが浮かんだはずです。ここで、”リンゴ”という文字を思い浮かべてからこれらのイメージが出てきましたか?そんなことはなかった筈です。イメージはどこからともなく瞬時に現れたはずです。これは、元々あなたの頭の中にしまわれていたものなのです。それが、”リンゴ”というキーワードを引き金として浮かんできたのです。脳は、直線的な文章でなくイメージ、色、キーワード、アイディアを結びつけることによって機能しています。

古代ギリシャ人は、”想像”と“連想”を組み合わせて使うことが必要であることを知っていました。 ”想像”を刺激するものとしては、感覚、誇張した表現、リズムや動き、色、笑い、イメージ(絵)などです。”連想”を刺激するものは、数、言葉、シンボル、順序、パターン、イメージ(絵)などです。人は誰でも「気分をよくしてくれる人や楽しめる物」に惹きつけられます。ですから、肯定的で見て楽しいマインドマップは、脳を刺激して創造的な方法で思考を結び付けやすくします。まとめると、マインドマップが脳の連想の「引き金」となって、ブレインストーミングなどの他のテクニックよりも早く独創的にアイディアを思いついたり結論を導き出し計画を建てたり出来るのです。

 

暗記に強いマインドマップ

マインドマップを正しく使うと記憶しやすくなります。それはなぜか。実は、マインドマップは簡単に見えて認知心理学や記憶術などいろいろな要素が盛り込まれているからなのです。記憶術などは、ある程度練習しないと使いこなせんません。でも、マインドマップはだれでも正しい書きかたさえすれば、効果が出るようにできています。個人指導シグマでは、マインドマップを学習利用に特化して研究しています。記憶術も原理は分かっていますので、マインドマップを使って勉強しながら記憶術の能力もUP出来るような方法も開発しました。暗記系の科目に苦手意識が強い方にぜひともマインドマップを使っていただきたいと思います。

 

個人指導シグマでは、希望する生徒にマインドマップを教えています。決して強制はしません。マインドマップをまったく使わない生徒も当然たくさんいます。千石の教室では、マインドマップのPCソフトimindmapの入ったパソコンを生徒に開放しています。シグマの生徒ならば自由に使えるようにしています。パソコンが苦手な生徒用には、マインドマップの枝だけプリントしたものを用意しています。全部手書きで仕上げるよりも早くきれいにマインドマップを作れるようになっています。

マインドマップで成績を伸ばしている生徒が続々と出てきています。

例1。高校1年M君 暗記系科目苦手

世界史の定期試験が世界史93点。前回と比べると22点UP。マインドマップのPCソフトimindmapで作成ののち、ブランチのものだけを出力して復習。

宋 マインドマップ効果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高2Mくん(上と同じ生徒です)

1学期中間テスト

地理98点、化学91点

部活で時間がなかったので、マインドマップ・テンプレートを使って勉強。暗記が苦手だったのに高得点連発で友達・先生が不審がっている。マインドマップは、他の同級生には秘密。

 

 

 

例2.高校1年Aさん

国語のマインドマップをほぼ一夜漬けで作ったにもかかわらず96点

国語マインドマップ

マインドマップ感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例3.高校2年B君

世界史のマインドマップを1週間前から作って82点。ちなみに、マインドマップをつくらなかったもう一つの世界史はボロボロ。

 

例4.高校3年Cさん

政経のマインドマップを一夜漬けで作成。テンプレートを使用したので1時間ぐらいで作成。色はを塗りながら復習。テストは「楽勝。」だったそうです。

政経マインドマップ

 

 

 

 

 

 

 

 

マインドマップ®の書き方

0.マインドマップを各目的を決める

1.  なるべく大きな紙(A3)と色鉛筆(10色以上)を用意する。

2. 真ん中にセントラルイメージ(テーマ)をなるべく3色以上で書く

3. セントラルイメージから連想されることをどんどん太い枝をセントラルイメージから出して書いていく。枝の色は変えてください。

4. あとは、それぞれ伸ばした太い枝の言葉から連想されることをどんどんつないでいく。そうすると、発想がどんどん出てくる。

5.完成したマインドマップを見直す。

注意

・     セントラルイメージは3色以上を使って記憶力と想像力を刺激する。

・     イメージ(絵)を使って左脳と右脳を連係させる。

・     文字、枝、イメージは大きさの変化をつける。

・     枝は曲線にして、整然と見やすく伸ばす。書き足す余裕も残す。

・     言葉やイメージのまわりに適度な余白を残しておく。

・関連する項目は、記号や矢印でつなぐ。

・     色を使い分けて記憶力と想像力を高める。

・一本の枝の上にはキーワードを一つだけ書く。

・     文字は、分かりやすくハッキリ書く。

・キーワードは。ブランチの上に、枝の曲線に沿うように書く。

・     枝の長さとその上に記入する単語の長さを同じくらいにする。

・     メインの枝は太く描く

・     文字はなるべく水平に描く。

・     文章でなく単語を書く

マインドマップ(R)基本ルール

マインドマップ®を勉強に使う

マインドマップ®は、教育との相性が抜群です。元々は、トニー・ブザンは暗記などの学習のためにマインドマップを開発しました。だから、学習にマインドマップ®が使えるのは当たり前です。色々な使い方がありますが代表的なものを上げておきます

自分の将来の進路を決める

セントラルイメージは10年先20年先の自分にしてください。そこから伸ばすメインブランチ(枝)は自分の特性を考えて決めましょう。自分の長所・短所・興味などを1枚のマインドマップ®にすると方向性が見えやすくなります。

暗記に使う

理科や社会の暗記はキーワード中心の書き方に向いています。そもそも、理科や社会で要求される解答はキーワードそのものであることがほとんどです。さらに、東大・一橋などの難関国立大学の論文式の問題にもキーワードの関連性が頭に入っているので単純暗記だけの人と比べての優位性は明らかです。

個人指導シグマでの実例1

宋

小学生歴史手書きマインドマップ

 

 

授業のノートに使う

授業のノートにマインドマップを使うと楽に取れてしかも関連性がハッキリ分かるので復習が楽です。さらに、授業の予習・復習と一体化して学習システムとして確立すると反復学習が出来るので意識しなくても暗記できてしまいます。だから、テスト前には、そんなに勉強する必要がなくなります。論述問題も単語だけ覚えるのでないので関連して覚えるので自然とかけるようになります。書いていると、楽しくなって勉強が進むことも多いです。

問題は、学校でマインドマップのノートを取れないケースです。でも、家で書くようなシステムをシグマでは用意しています。

 

作文に使う

作文を書く前の構想の段階で使います。発想がスムーズに来るので書く順番を考えればすぐに完成です。何も浮かばないときは、クエスチョンキットなどを使うと手がかりがつかめますので、そこから関連する物を連想していけば書くことが浮かばないと言うことはなくなります。

学習塾で使うマインドマップ

 

 

 

 

 

 

 

グループ学習に使う

グループで意見をまとめるときもマインドマップ®は使えます。はじめの5分間で各自マインドマップ®を作成してそれから一つのマインドマップ®にまとめればよいのです。長い長い議論や会議の時間が大幅に減ります。

 

計画に使う

マインドマップ®を使って計画表を作ることが出来ます。長期の計画をはじめに作って短期の計画を次に作成します。自分のあるべき姿を思い浮かべてそこからさかのぼって近い将来の自分を考えてそれに近づけるようにすればよいでしょう。

冬休み計画表マインドマップ
お問い合わせは、こちらへ