今週は、中間テストが近いからか何人かの生徒がマインドマップのテンプレートを持っていきました。

普通に作っている時間がないのでまとめノート代わりに使うのだと思います。

普通の直線的なノートだと関連性が分かりずらいのでマインドマップを使った方がよくわかります。

よくわかるということは、よく覚えるということです。

低学年のうちは関連性のない事項でも覚えることができます。でも、学年が上がってくるとただ覚えることって難しくなります。

関連性を意識しながら出ないと理解できません。

本当は、普段からマインドマップの形式でノートをつくっているのが最高です。

これをやって復習をきちんとやっていれば暗記はそんなに苦にならないはずです。

マインドマップのテンプレートを持って行った人たちがどう使ったのか確認してみます。

宋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人指導シグマは、文京区白山豊島区大塚の学習塾です。