勉強しているのに伸びないっていう人達がいます。

シグマの教室でも、時々出てきます。

そういう人に話を聞いてみると「それでは、成績が上がるわけがないでしょ。」となることがほとんどです。

どういうことかというと、”勉強している”ということの意味を取り違えているのです。

成績が上がってない人は、時間をかけていれば勉強だと思っています。

その学習時間の中で、覚えたり理解したりする時間が短いのです。

ほとんどが作業の時間です。

本気で覚えようと思ったら、必ず復習を入れないと効果がありません。

1回だけやって勉強した気になっていても、記憶できるわけないのです。

せっかく時間をかけて勉強するのなら、最小限の努力で最大の効果が得られるようなやり方にした方が良いのではないでしょうか?

シグマでは、効果的な学習法を各種用意してお待ちしております。

詳細は、こちらへ

イメージで記憶