個人指導シグマの生徒さんで将来の目標がしょっちゅう変わる人がいます。

でも、中学生や高校生はよくあることです。

小学生の頃は、漠然とした夢であることがほとんど。

中学生になると、少し現実的になります。

しかし、現実をきちんと理解した上での判断とまでは行っていません。

高校生になるとさすがに自分の将来の職業などを考え始めます。

自分や将来やりたいことが決まった人は、目標設定もスムーズです。

ここで、将来やりたいことがはっきりしない人は、当然ながら目標設定も曖昧でよく変更します。

仕方がないことです。

受験期に入る前に自分が将来やりたいことを考えることをお勧めします。

それが出来れば,本人任せで見守りモードになるかも?

中高一貫校