テストのたびに単純なミスをしてしまって点数を減らしている人がいます。

全くもってもったいないところです。

「あのミスさえなければ本当は80点行ってたのに・・・・」

良く聞くセリフです。

でも、ミスをするのもあなたの実力なのです。

本当に出来る生徒さんは、ミスをしません。

全くしないというのはあり得ませんが、ミスが少ないです。

分かっているのに点数に結びつかない状態からどうやって脱出するのか?

定期テスト

ケアレスミスの種類

ケアレスミスと言っても色々なものがあります。

幾つかの類型に分けてみます。

問題を読んでいない

「そんな馬鹿な?」

そうおっしゃる方も多いでしょう。

でも、問題文をちゃんと読んでいない人って多いのです。

もちろんある程度は読みます。

そうしないと問題が何かすら分からないからです。

ここで、問題を読んでいないというのは”問題文を最後まで読んでいない”と言う意味です。

「正しくない物を選べ」を「正しいものを選べ」と思い込んでしまったり。

「当てはまるものをすべて答えなさい。」と言う問題では、「一つだけ答えなさい。」

と勝手に思い込んだり。

自分の頭の中で勝手に問題を決めつけてしまう人が犯しやすいミスです。

対策としては、普段から問題文を全部読むようにすることです。

読めと言ってもちゃんと読まないのがミスが多い人の特徴です。

ミスを減らすためには何をやればいいのでしょうか?

「ちゃんと最後まで読むのよ!」

なんて言っても効果がないと思います。

だって、今までにも何回も同じことを言われて繰り返してきた人たちなので。

対策は、普段からの習慣化が良いと思います。

問題文を読むときに求められるものにしるしをつけるようにすればいいのです。

この作業だけでかなりのミスは防げると思います。

事際に問題を解くときも分かり易くなりますね。

写し間違いをしてしまう

他の行に書いてあることなのに何故か違うことを書いてしまう。

算数・数学でよくありますね。

0が6になってしまったりなんてことも。

どうして起こるのかよくわからない部分もあるミスです。

あまり集中していない時によく出てきます。

対策としては、集中することでしょうか?

ちょっと答えが抽象的になってしまいますが、原因がはっきりしないミスなので・・・。

自分の書いた字が読めない

これも有りますね。

読めはするけど読み間違いをしてしまうケースも含んでいます。

数字などは、その最たるものです。

筆記体で書く癖がある人によく出てくるミスです。

日本語を筆記体で書いても分かりにくくなるだけです。

ましてや、数字は・・・・。

特に計算で自分の書いた字がちゃんと読めなくってミスをする人はどうすれば良いか?

普段から方眼ノートなどでマス目の中にきちんと書く癖をつけることが必要です。

式があちこちに飛ぶ人はミスが出やすいです。

計算ミスが多い

計算ミスが多い人は、どこにでもいますよね。

なかなかミスがなくならないと思います。

普段から計算練習をして、自分の計算ミスが出る原因や場所を特定します。

このためには、ちゃんと答え合わせをしてやり直しまでやることが大切となります。

自分中でミスの発生場所や原因を認識しておくのです。

ちゃんと分かっていれば、ミスするところでは注意するようになるはずです。

計算練習は、時間を決めて毎日やるのが効果的です。

以上、ケアレスミスについてでした。

ケアレスミスを減らしてテストの点数を上げたい生徒さんはお気軽にお問い合わせ下さい。

℡:03-5395-0949

個人指導の問合せ