自宅学習

昨年来新型コロナが猛威を振るってます。

一時の勢いこそ弱まりましたが、まだまだ油断できません。

勉強しようと、飲食店や図書館などの公共機関利用しようにも営業時間に制限があったりします。

こういった時期だからこそ、自宅学習の重要性が増しています。

でも、自宅ではなかなか集中して勉強できない生徒さんも多いのです。

自宅で集中して勉強できない幾つかのケース

スマホ依存症

今では、みんな持ってるスマホ

その弊害も皆さん認識していると思います。

スマホをそばに置いていると5分おきにどうしても触ってしまう人もいます。

触ってしまうとそのまま30分以上たっていることもざらではないでしょうか?

特に、家だとwifi環境が整っていることもあって動画を見ることも多くなります。

そうすると、時間だけがむなしく過ぎていくのです。

分かっていてもやめられない。

スマホの恐ろしさは、そこにあります。

ダラダラ病

特に何もしていないのに、時間だけが過ぎている人もいます。

このタイプの人は、寝るのが遅くなりがちです。

本当に何もしてないのに時間だけが・・・・・・・・・・・

睡眠不足の付けは翌日の学校での授業の理解不足に繋がります。

ゲーム依存

ひたすらゲームをやり続ける人もいます。

このタイプの人は、PCやPS4でのオンライン対戦などをやっていることが多いみたいです。

やっている時間は深夜のことも

当然、昼間の時間帯は活動休止になります。

自宅学習を妨げるものは?

スマホ

言うまでもないですね。

最大の学習阻害要因です。

ゲーム

ヘビーユーザーも存在します。

かたずけてしまうのが一番です。

それが出来ないのならば、時間制限をしましょう。

ゲーム廃人になる前に

テレビ

かつてほどではないにしろ、手軽にみられるテレビは問題ですね。

テレビを撤去するのは困難でしょう。

という事は、自宅で勉強するときはテレビがない部屋にするか勉強する時にはテレビをつけないようにするしかないのでは?

漫画

漫画を部屋に置いている生徒さんもいますね。

ちょっと一休みのつもりが・・・・・・・・

本気で勉強を始めるときには、撤去しかないですね。

 

何とかして自宅で勉強できるようにするには

勉強に邪魔な物を目に入らないようにする

スマホでもテレビでも勉強に有害なものは、目に入らないようにすることをお勧めします。

急にすべてをなくすのは大変でしょうから、段階的に減らしてみてはいかがでしょうか?

目標を紙に書いて見える場所に貼る

自分がやるべきことを明確にしましょう。

でも、それだけではすぐに決めたことを忘れてしまいます。

忘れないように身につくところに貼りましょう。

計画を作ったら進捗状況を見える化する

自分の状況がすぐに分かるようにしましょう。

出来れば家族にもわかるようにした方が良いです。

一目で学習状況が分かるようにすると”やらないと!”と言う気持ちにもなります。

その日のTO DOリストを作る

几帳面な人にお勧めです。

その日やることをあらかじめ決めていれば、全部こなそうという気になるのでは?

リストは、前の夜かその日の朝に決めることをお勧めします。

 

コロナの影響で外出しずらい状況はしばらく続きそうです。

自宅でなるべく快適に学習できるように工夫が必要ですね。