学習ノート

”テストノート”と言っても知らない方が殆どでしょう。

ある学校でやっている定期試験のやり直しのノートのことです。

テストの直し自体は、いろいろな学校でやっています。

しかし、今回取り上げる”テストノート”には、単なるやり直し以外の要素もあって良いと思われるところがありますので取り上げてみます。

テストノートで何をどうする?

簡単に言うと定期試験のやり直し用の提出用ノートです。

内容としては、

答案の貼り付け

誤答

正解

誤答分析

類題

感想

となっております。

答案の貼り付け

何でもないようですが、意外と大事だと思います。

と言うのも、過去の自分の答案の管理をちゃんとやっていない生徒さんが多いからです。

ちゃんとした生徒さんは、自分でファイルに閉じて保管しています。

そうでない生徒さんは、かばんや机の下の方でくしゃくしゃになっています。

せっかく勉強して受けたテストなのに・・・・

これだけでファイルして保存する習慣を身に付けられる?

多分、それはないですが身に付けたい習慣ですね。

間違った問題のやり直し

テストの間違い直しは、とても大切だと思っています。

テストの後すぐにやるのがお勧めです。

テストの直しをやることで、間違った知識ではなく正しい情報をインプットできます。

結果を分析することで対応法も出てくることもあります。

試験の後の直しは、すべての生徒さんに必ずやって欲しいことです。

学校で直しの提出を求められなくとも自分でやりましょう。

成績上位の生徒さんは、試験の直しを実行している割合が多いと感じています。

誤答分析

今回紹介している学校の”テストノート”のシステムで一番いいと感じているのが、この誤答分析です。

どうして間違ったのか?

何がおかしかったのか?

どうすればよかったのか?

色々なことを気付かせてくれます。

同じような問題で何度も同じミスを繰り返さないためには、原因の特定とその対策が不可欠です。

この要素が入っているので、”テストノート”システムは優秀だと思います。

類題

間違った問題に似た問題を拾ってきてやってみる。

とても良いですね。

でも、かなり時間がかかります。

数学などで、込み入った文章問題などは探しても見つからないので自分で作成することになったりしていました。

時間はかかっても、正しい知識を定着するためには無駄ではありません。

自分でこれをやるか?

90パーセント以上の生徒さんがやらないでしょう。

だからこそシステムにしているのだと思います。

感想

テストの感想を最後に書いています。

自分なりの反省点を考えさせているわけです。

振り返りは、勉強でもお仕事でも大事です。

先生の方も提出されたものに対してかなり細かい返事を書いている人もいます。

大変なのはわかるので、頭が下がりますね。

 

この学校と同じでなくとも構わないので、試験のやり直しは丁寧にやってみてください。

時間がたつとともに効果が出るはずです。