体系数学教科書

新学期が始まってしばらく経ちました。

皆さん、学校生活に慣れましたか?

慣れた人も慣れてない人も関係なく定期試験はやってきます。

新学年初めての定期試験、出来ることならば結果を残したいですね!

4月は授業の進みが遅い

4月は、一般的に授業の進みが遅くなっています。

先生の方でも、教材の配布や授業方針の説明など授業以外の要素に時間を取られてしまいます。

学校全体での集会などもあって授業時間自体も少なくなります。

しかし、このゆっくりした授業ペースに油断していると危険です。

定期試験は、確実にやってきます。

年間行事予定表で試験の日程を確認

新学年から好成績を残したいと思っている生徒さん

まずは、学校の年間予定表を確認しましょう。

定期試験の日程がしっかり載っています。

学校によっては、GW明けすぐに中間試験の学校もあります。

自分の定期試験の日程ぐらいは早めに抑えておくべきです。

シラバスで試験範囲を予想する

大体の学校では、年度の初めにシラバスを配布します。

(一部、シラバスのない学校もあるそうですが)

シラバスには、年間の授業の進行予定が書かれています。

それを見れば、中間試験の範囲が大体わかります。

範囲が分かれば、対策も立てやすくなります。

5月から部活か本格的にスタート

中学1年生の場合は、部活が本格的に始まるので一層の注意が必要です。

4月は、仮入部

5月から本格的に部活開始

そうなると体力がまだない中学1年生は、疲れが溜まって学習の方に力が入らなくなります。

部活を終えて家に帰ると、食事・風呂・就寝のパタンになる人が例年多いです。

特に運動部に入る予定の生徒さんは、このことを考えておかないといけませんね。

何から中間試験対策を始めたらよいの?

「何から始めたらよいのか分からない・・・」

よく聞くセリフです。

基本的には、時間がかかる科目からです。

英語・数学などです。

暗記に自信がない生徒さんは、早めにざっとやっておいた方が良いかもしれません。

大事な事項だけでも覚えておけば、枝葉の部分はそれに追加して覚えるのでやりやすくなるはずです。

 

学校で渡された教材は確実にこなすべき

学校で配布された副教材から試験が出ることって多いです。

しかも、テスト前までにノート提出になったりもします。

と言う事は、早めに解いておけば試験前にバタバタせずに済むという事になります。

数学などで、試験の前日に間に合わないので解答を移したりする生徒さんがいます。

このタイプの生徒さんは、試験で高得点を取ることはほとんどありません。

やれることは、早めにやるのが一番です。

テスト直前に暗記系の勉強をする時間を残しましょう。