復習

皆さん、日々の授業の復習してますか?

こんな質問をぶつけても、実行押している人はごく一部だと思われます。

でも、実行している人は、大体は成績上位にいます。

学力定着にとても有効な授業の復習

やらないと勿体ないですね

日々の復習の重要性

学校の授業の復習をその日のうちにやってしまう。

たったこれだけのことで、学力の伸びが大いに変わります。

実際に学校単位で実践した学校が有りますので、興味がある方はWeb検索してみてください。

その日のうちに授業の復習をすることがどうして有効なのか?

それは、忘却曲線の知識が有れば容易に推測できます。

人間は忘れる動物

(忘れない動物も存在しませんが・・・)

短期記憶を長期記憶にするには、海馬に重要な情報だと判断させることが必要です。

そのためには、何度か同じ情報を海馬に送り込んでやらないといけません。

特に初めて習ったことは、早いうちに復習しないといけません。

その日のうちに学校の授業を復習することは、とても意味があることです。

その日のうちに復習を実践するには

①科目を絞る

授業の復習と言っても、一度にすべての科目を復習しようとするとすぐに挫折します。

まずは、重要な科目から始めましょう。

英語や数学から始めましょう。

歴史が苦手ならば、歴史も入れてみましょう。

苦手科目を優先させておいた方が良いです。

慣れてきたら、徐々に科目数をふやしましょう!

②授業の内容を思い出す

最初は、学校の授業ノートを見ながら授業でやったことを思い出しましょう。

良く分からなくなることも有るでしょう。

そんな時は、調べて確認しましょう。

覚えているつもりでも、かなりの部分の記憶が失われている筈です。

授業のノートを手掛かりに思い出すことが第一歩です。

③まとめる

ある程度慣れてきたら、授業を思い出すとともにやって欲しいことが有ります。

それは、まとめです。

授業のまとめを作る過程で、頭の中で事項を再整理しますので頭に残りやすくなります。

個人的には、マインドマップでまとめるのがお勧めです。

④問題を解く

理科科目は、実際に解き直しをやってみましょう。

と言っても、全部は無理です。

理解があやふやなものや、重要そうな問題に絞りましょう。

解けなかった問題は、印を付けておきましょう。

復習から予習へ

個人指導シグマでは、成績不振者には復習

成績上位者には、予習を勧めています。

平均以下の状況なら復習です。

でも、成績が上がって上位になったら予習も必要です。

予備の授業などでは、予習が絶対です。

英語などは、長文の全訳が普通です。

いずれにしても、成績が上がってからの話です。

 

たとえ今は、平均以下でも伸ばす意欲が有れば問題ありません。

もっと成績をUPしたい方は、個人指導シグマまでお気軽にご連絡ください。