文部科学省の中央教育審議会などで、英語教育についての議論がなされています。

早期の英語教育。

小学校への導入などなど・・・・・・・・・・・・・。

一方、大学短大関係者の中には、英語の必要性を感じてない方も。

「現在の日本の段階では、英語を話す必然性はないと思っている」

これは、日本私立短期大学協会副会長の言葉です。

さらには、英語力の向上が短大生の生活に差し迫った課題ではないとのことです。

現状だと、そんなに必要性を感じない人もいるのは当然かもしれません。

でも、10年先を見据えると英語の重要性が大きくなります。

使える英語学習が必要とされるでしょう。

今の中高生は、英会話の必要性を余り感じていません。

だから、英語が身に付かないかもしれません。

留学生との交流会など日本に居ながらにして、外国人と触れ合う機会を定期的に持つようになると必要性を実感できるかもしれません。

自分が必要だと思わないと勉強するわけないです。

英語学習

個人指導シグマでは例年通り冬期講習を行います。

オーダーメイドなのでまだまだ間に合います。

外部の方も受講できます。

お気軽にお問い合わせください。

冬期講習のお問い合わせはこちら