体系数学1幾何編

図形の証明問題が苦手な人、多いです。

中高一貫校の生徒さんがほとんどの当教室でも、同じ様な傾向にあります。

特に体系数学のB問題とかC問題になると、途端にできなくなる人がいます。

1人で勉強していても、なかなか解消できない生徒さんに・・・

体系数学幾何2

 

 

 

 

 

 

 

証明問題が苦手な人の症状

何をやればいいのか分からない

一番多い症状です。

とにかく、どこから手を付ければいいのか分からなくなっています。

苦手意識が先行して、出来そうおな気がしなくなっています。

特に、ちょっと複雑な問題はお手上げです。

条件を上手く使えない

取り敢えず、やるべきことは分るけど結論まで持っていけない。

平行などの与えられた条件を上手く使うことが出来ないのが原因だったりします。

問題文の中の条件は、基本的に全部使わないといけません。

無駄な条件など問題文に書いてあるはずも有りませんので。

答案がうまく書けない

解き方は分るけど・・・・・・・

答案がまとまらず、何を言いたいのか分からないものが出来上がっています。

もっと、簡潔にまとめられる筈なのに・・・・・・・・・・

外尾人の答案は、きれいにまとまっているのに・・・

証明問題が出来る様になるためには

結論に辿り着くには何が必要なの考える

まずは、全体の構成を考えないといけません。

結論を言うのに、何を使うことが出来るのか考えましょう。

図の中に与えられた条件を記入しながら考えるとやりやすくなります。

使える手法は限られます。

よく考えればだんだん見えてくることが多いです。

それでだめなら、解答を見ながら考え方を身に付けましょう。

ある程度やり方は、決まっています。

それでもだめなら

色々と1人でやってもダメなことも有ります。

苦手な分野は、その傾向が強いですね。

個人指導シグマは、中高一貫専門です。

体系数学も当たり前に使っています。

証明問題が苦手な方は、お気軽にお問合せください。

体験授業も有ります。