シグマの教室は、中高一貫校や国立の生徒さんの割合が高くなっています。

当然、中学受験を経験して熾烈な競争を潜り抜けてきた人たちです。

そんな生徒さんたちを見ていて気づくこと多々あります。

その中の一つ。

中学受験までは、親主導で進めることが出来ます。

いわゆる”やらせる勉強”で何とか乗り切ることが出来ます。

しかし、学年が上がるとこのやり方はうまくいかなくなります。

反抗期ということもあります。

それ以上に問題なのは、本人が本当にやりたいと思わないとやらないということです。

”やらされる勉強”でなく”自分からやる勉強”にシフトしないと、効果の方はあまり期待できません。

もちろん、どうしても点数を取らないといけないときがありますので、その時は強制的にやってもらいます。

ども、必要もないのに押し付けるとあまり良い結果が生まれません。

かといって、本人任せだと心配ですね。

難しいところです。

目標設定から継続学習への学習指導は、こちら

国立の個別指導