英語学習

大学受験で英語のない大学って少ないですね。

普通に受ける分には、大体英語は受験科目になっています。

受験で必須な英語ですが、受験レベルまで仕上げるにはかなり時間が掛かります。

英語が受験までに間に合わなくって不合格

なんてこともよくあります。

そんな時間が掛かる英語をどう勉強すれば?

とにかく英語は時間が掛かる

英語の勉強と言えば

単語

文法

長文読解

英作文

リスニング

と言ったところでしょうか?

難関大学受験では、長文読解がポイントになることが多いです。

長文読解をきちんとやるには、文法の知識や語彙力がどうしても必要です。

リスニングにしても、1か月やそこらで効果が出るとは思わない方が良いです。

ある程度時間をかけて勉強しないと、きちんと聞くことが出来るようになりません。

英作文もなかなかかけるようにはなりませんね。

時間が掛かるなら早く始めてしまえ

時間が掛かるのが分かっているならば、早く始めてはどうでしょうか?

理系科目と違って、どうしても理解できないと言ったことは少ない科目です。

特に単語や文法などは、教材選びを間違わなければ自分でも進められます。

リスニングに関しては、NHKの語学放送である程度のレベルまでは到達できます。

学校に合わせて勉強すれば、受験に間にあう学校とそうでない学校が有ります。

そうでない学校の生徒さんは、自分でやらないといけません。

早く始めないと!

早く仕上げてしまえば受験前はほかの科目に時間が割ける

英語の勉強を早く終わらせると余裕が出来ます。

他の科目(苦手)に時間を割くことが可能になるはずです。

理系科目は、一度理解すれば一気に進めることも可能です。

しかし、英語は暗記しながらなのでどうしても一定の時間は掛かります。

英語が高校3年生の夏に終わっているとどうでしょう。

かなり楽になると思いませんか?

教室の生徒さんの同級生で、高校2年生なのに高校3年生の東大模試を受けてA判定を取っている猛者がいます。

こうなると、”残りの1年は実力維持でいい”と余裕だそうです。

これは極端な例ですが、早く勉強を終わらせると余裕が出ます。

早く仕上げるには計画が必要

早く受験レベルまで持っていきたくとも、現実はなかなか厳しいです。

何も考えないと、まったく勉強は進みません。

本気でやるには計画が必要になります。

初めは、細かい計画は要りません。

ざっとでいいですから、スケジュールを組みましょう。

一番大事なのは、実行することです。

とにかく早く始めてください。

勉強すれば何かしらのキズキがあるはずです。

気が付いたら、それを計画に反映させましょう。

そして実行です。

これを繰り返せば、思いのほか勉強が進むかもしれませんよ!